医療法人 若杉会 病児保育室 ピュア

病児保育室 ピュア(医療法人 若杉会)
〒339-0051 さいたま市岩槻区南平野3丁目32-5
電話 048 (749) 7571   FAX 048 (749) 7572

病児保育室 ピュア病児保育室は、

さいたま市の委託により、市内の保育施設に通所中のお子さんが、病気または病気回復期のため集団生活が困難な時期に、看護師・保育士により一時的にお子様をお預かりする施設です。
『病児保育室 ピュア』は、医療機関併設型保育室です。
お気軽に見学、事前登録など、お問い合わせください。

病児保育室 ピュア 〒339-0051 さいたま市岩槻区南平野3丁目32-5 (南平野クリニック2階)
ご予約・お問い合わせ:Tel 048-749-7571
地図は、南平野クリニックのアクセス地図を参照してください。




ご利用方法ご利用方法

ご利用は『病児保育室 ピュア』に直接お申込みください。
必ず医療機関で診察を受けてください。

ご予約

  1. ご利用の場合は必ず事前にご予約いただきますよう、お願いいたします。
    原則としてご利用の前日(前日がお休みの場合は、その前の開院日)までに予約。
    空きがあれば当日朝も可。
    予約時間 8:00~17:50
    電話番号 048-749-7571
  2. お子様の名前・年齢・症状・入退室時間・保育施設名・受診先医をお伝えください。
  3. 受診後、利用確認がとれたら、様式第3号「病児保育利用連絡書」を記入してもらってください。
    なお、利用されない場合でも、発行手数料補助金の交付はあります。

キャンセル

  • 前日キャンセルは8:00~18:00まで。(18:00以降は留守番電話に、お名前とキャンセル理由を入れてください)
  • 当日キャンセルは8:00まで。(留守番電話に)
    電話番号 048-749-7571

  • キャンセル待ちをされている方のために、できるだけ早めにご連絡ください。
  • キャンセル待ちの方には、空きが出たらキャンセル待ちの早い順に連絡いたします。

病児保育室 ピュア 保育室


ご利用案内ご利用案内

定  員
4名

対象年齢
6ヶ月~未就学児まで

対象疾患
通常の外来で治療可能な病気。
ただし麻疹(はしか)、流行性角膜結膜炎(はやり目)を除く。

利用時間
月曜日~金曜日 8:00~18:00。
*お迎えは必ず18:00までにお願いします。

お 休 み
土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始、南平野クリニック夏季休診日、臨時休診日。

利 用 料
1日 2,000円。
さいたま市に在住で、
  • 保育を必要とする2号及び3号の支給認定を受けており、許可保育所、認定こども園、小規模保育事業所、事業所内保育事業所に通所している児童
  • ナーサリールーム・家庭保育室・地域型事業所内保育施設に通所している児童のうち、市の委託による保育料軽減事業(月額2万円)の対象となる児童

(所得による減免措置あり{後日、市より納付書送付})
☆その他、対象外の児童は、1日 4,000円(当日空きがある場合)。

食  事
お弁当、おやつ、飲み物、ミルク、離乳食、すべて持参してください。

スタッフ
医師、看護師、保育士。



持ち物・注意事項など持ち物・注意事項など


書類書 類

  1. 病児保育利用申込書 ※1 … ご利用初日に提出して下さい。
  2. 病児保育利用登録書 ※1 … 一年ごとに書き換え必要です。
  3. 病児保育利用連絡書 ※1 … ご利用初回に提出して下さい。受診先医の記入が必要です。ない場合は、南平野クリニック医師の診察を受けて下さい。
  4. 家庭との連絡帳 ※1 … 保護者が記入して下さい。
  5. 母子手帳
  6. 保育園連絡帳
  7. 保険証(写)
  8. 子育て支援医療費受給資格証(写)
  9. ひとり親家庭等医療費受給資格証(写)
※1 書類1~4の入手方法について

薬

  • 医師の処方による服薬中の薬(1日分)
  • お薬手帳
病児保育室 ピュア 保育室

食品等食品等

お弁当、おやつ、飲み物、ミルク、離乳食、すべて持参してください。
(コップ、哺乳瓶、マグマグ、はし、フォーク、スプーン)


衣類等衣類等

  • 着替え、肌着、上下2組ぐらい。
  • 紙おむつ5~10枚(お腹の調子が悪い時は、多めに入れてください)。
  • おしりふき。
  • 汚れ物を入れるビニール袋(3枚)。
  • バスタオル(お昼寝用) 1枚。
  • ハンドタオル 1枚。

☆すべての物に名前を書いてご持参下さい。


スタッフ一同からスタッフ一同から

病気のお子さんが安心して一日過ごせるよう、母親のように愛情をもって接し、親子さんたちが不安にならないように できる限りの知識をもって、保育看護を行ってまいりたいと思っています。


その他その他

保育室では、施設内感染予防について細心の注意を払っていますが、それでも感染を予防しきれない場合があることを ご理解ください。




← BACK

↑ PAGE TOP