ニュースニュース

若杉会(南平野クリニック)のお知らせの詳細を掲載しています。過去のニュースもご覧になれます。

記事一覧

院長よりお知らせ(4月11日)

 先週は、患者様をはじめ多くの関係者に大変ご迷惑をおかけいたしました。コロナの平均潜伏期間は8日間とされていますが、保健所から連絡のあった新型コロナウイルス感染症の陽性判定と診断された患者様との接触より2週間が経過し、院長・看護師をはじめ当院勤務の事務職員・当日来院された患者様にも発熱・咳そう等の症状がないため、4月13日から通常診療を始めます。本来ならば、従業員全員のPCR検査陰性確認が理想ですが、保健所より症状のない状態ではその対応は出来ないとのこと。埼玉県内・さいたま市内でも、新型コロナウイルス感染症の陽性判定者来院診療所からの公式な二次感染の報告がないことから、当院でも通常業務を再開といたします。
 今後、待合室での接触をさけるため自動車で来院の皆様には、リモートベルをお渡しして車内での待機を御願いすることになりますが、感染拡大防止のため、ご協力を御願い申し上げます。


                              院長 若杉 直俊

院長よりお知らせ(4月6日)

患者様へ
 先週はじめ(3月30日)に、発熱で来院した患者さんがその後新型コロナウイルス感染症(COVID-19)陽性反応と判明したことを保健所より連絡がありました。当院では、現在も院長をはじめ、看護師・事務員全員が風邪症状はなく健康です。その患者さんは待合室では隔離部屋に待機していただきましたが、同時間にお待ちいただいた患者さんにもその旨を連絡し、特に現在体調の変化はないと伺っております。職員から皆様に感染することがあってはならないと思い、先週末は対面の診療は休止としました。
 現況を勘案し、4月6日からの1週間はおもに慢性疾患患者様の投薬継続などを主に行います。風邪等の急性症状の患者様はこのような状況をご理解いただいた上で、診察いたします。よろしく御願い申し上げます。

                              院長 若杉 直俊

病児保育室ピュアのご利用を考えていらしゃる方へ

新型コロナウイルスの対策として
当面の間(発熱・呼吸器症状のある場合)
インフルエンザ・溶連菌・RSウイルス・ヒトメタニューモウイルス・アデノウイルス等
確定診断がついた方のみのお預かりといたします。

なお、水痘・おたふく等は今まで通りお預かりできます。

インフルエンザが疑われる患者様へ

検査は先生の判断で行います
 ①来院時に高熱がある(おおよそ38度以上)
 ②38度以上の熱が出て8時間以上の経過がある
①、②とも当てはまる患者様は、受付時にお申し出下さい
ご自宅からのマスクの着用もお願いいたします

冬季休診のお知らせ【2019年12月4日】

12月28日(土)午後~1月3日(金)まで冬季休診とさせて頂きます。

ページ移動