医学の話題医学の話題

若杉院長が医学の最新の話題を取り上げて書きます。なお、記事に関するご質問、お問い合わせにはお答えしていません。

記事一覧

肺気腫

【肺気腫】
肺気腫という病気は、あまり知られていないようですが重要な病気です。死因として1位の悪性腫瘍や2位の脳血管疾患はだれでも知っていますが、肺気腫は死因の第7位をしめています。その多くが喫煙によるものです。我々は喫煙指数を重要視しますが、その計算は 1日の平均喫煙本数×喫煙年数 です。つまり平均20本を15年間吸っていれば300となります。この指数が600を超えると、肺気腫を発症しやすいとされています。
症状は、息切れです。はじめ坂道を駆け登るのが苦しくなり、普通の登坂でも苦しくなり、ついで平地でも同様となり、最後は座っていても呼吸が苦しくなります。肺は空気中の酸素をとりいれ 二酸化炭素をはきだす臓器ですが、肺気腫になるとこのガス交換がうまく出来ず、血液中の酸素飽和度(ヘモグロビンと酸素の結合割合 SpO2とあらわします)が下がり、90%をきると苦しさが明らかになります。たとえていえば、普通の人がいきなり3000メートルの高地に移動したようなものです。診断は呼吸機能検査です。肺気腫の方は、一気に空気をはき出すことができず、1秒率(呼気全体のうち、はじめの1秒ではき出す量の割合)が70%を切ると陽性と診断されます。これを簡便にしる方法として、口元から30cm話したろうそくの火を、口をすぼめずはきだす息で消せれば肺気腫の可能性は低いでしょう。
治療はただちに喫煙をやめること、薬としては抗コリン薬の吸入とステロイド薬の吸入です。最近は喫煙する人が少なくなってきましたが、日本人はまだまだ喫煙率が高い国です。さらに、タバコを吸わない人も副流煙(周囲のタバコの煙)で肺気腫や肺癌を引き起こす可能性があります。タバコを吸う方は、少しでも減煙を そして最後は禁煙をめざしましょう。(文責 院長・若杉 直俊)

栄養と病気

先日校医をしている学校で、栄養と病気についてお話してきました。新しい話題ではありませんが、このことについて述べましょう。  中国では古来医食同源といって、病気のもとは食の乱れから来ると信じられていましたが、ある意味真実をついています。江戸時代では参勤交代で出府した地方の武士が、江戸で体調を崩し これを江戸わずらいといったそうですが、その原因はコメ主体の食事で脚気をおこしたからだそうです。実際 歴代徳川将軍が総じて短命なのは、コメ中心の食事のせいもあったとされています。脚気はビタミンB1不足が原因です。麦メシにはビタミンB1が含まれ、脚気をおこしません。
 一方栄養過剰で起こす病気には、塩分過多の高血圧や腎炎 カロリー過剰の糖尿病や肥満症は容易に想像がつきますが、先天性アミノ酸代謝異常はここ1世紀 医学の英知でしかも栄養管理で病気克服した疾患の代表です。フェニルケトン尿症 メープルシロップ尿症 ホモシスチン尿症 チロシン尿症などが有名です。これらは、新生児期にけいれん 吐き気 毛髪の色素異常などで気がつかれます。フェニルアラニン ホモシスチン チロシンなどのアミノ酸を分解代謝出来ないこどもが、それらの栄養をとり続けることで発症します。治療は、脳の成長途上の一時期 アミノ酸除去食(除去ミルク)を与えることです。
 しかし、一般の方がそれら疾患を早期に見つけることは難しいことです。そこで生まれて6-7日目のこどもの血液を採取して、それらのアミノ酸の濃度が高いか調べる方法が確立され、発見者の生化学者ガスリーの名前をとって、ガスリー法とよばれる検査が世界中で採用されています。さらに現在では、タンデムマス法をもちいたさらに詳しいスクリーニングも行われています。除去ミルクで育ち、現在社会で活躍する患者さんも30-40代になりました。あらためて、医学の進歩により医食同源を治療に活かした例といえるのではないでしょうか。(文責 院長・若杉 直俊)

ウェストナイル熱

【ウェストナイル熱】
 デング熱 エボラ出血熱 SFTSに続いて、第4弾 ウィルス感染症の話題です。ウェストナイル熱は1937年にはじめてウガンダのウェストナイル地方で発見され その後アフリカ ヨーロッパ 中東 中央アジアへと蔓延していきました。1999年突然ニューヨークで流行が見られ、その後2012年まで米国・カナダの37000人が発症 そのうち1549人が死亡しています。原因はデング熱や日本脳炎をひきおこすのと同じフラビウィスル族のウェストナイルウィルスです。
潜伏期間は3-14日 感染者の25%が発病し、症状は発熱 頭痛 下痢・嘔吐など、症状は1週間で回復します。発症者中200人に1人が髄膜炎や脳炎を合併します。ベクターはイエカ(日本脳炎もコガタアカイエカ)やヤブカで、デング熱のシマカは媒介しません。自然界ではカラスやスズメなどの鳥類が保菌者となり、感染した鳥類を吸血したカが他の動物を吸血し発症します。多くの脊椎動物も感染しますが、ほとんど症状は出ません。治療は対症療法のみ、ウマのワクチンは開発されていますが、ヒトのワクチンはまだ開発されていません。
デング熱やウェストナイル熱を現時点で、完全駆逐することはできません。日本では、各空港およびその周囲で蚊の捕獲を行いウィルスの有無を調査しています。まさに水際作戦で、この病気の侵入を防いでいるのです。しかし、いつアメリカのような流行が起こってもふしぎではありません。デング熱とともに速やかなワクチンの開発が望まれるところです。

(文責 院長・若杉 直俊)

SFTS

【SFTS】
 デング熱やエボラ出血熱は前の回でも紹介しましたが、ウィルス感染症が世間の注目を集めています。SFTS(重症熱性血小板減少性発熱症候群)も密かに国内で広がっているウィルス性感染症です。
 SFTSは、マダニがベクター(感染を媒介する動物)です。はじめ、中国で報告され 2年前から西日本を中心に国内でも80名以上の患者が報告され、3割ちかい致死率を示す恐ろしい病気です。普通、マダニは森林でイノシシやシカなどに寄生して吸血する虫ですが、最近の開発でそれら哺乳類がヒトに近づく機会も増え、マダニも広がりあわせてSFTSウィルスの侵入もゆるしているのです。散歩中のイヌの皮膚にマダニが寄生してそれがヒトに感染する例も報告されています。ヒトからヒトへの感染はありません。
 症状は、数日の潜伏期間後 高熱・頭痛がまずみられ 血液中の白血球や血小板が減少し出血症状がみられ、これが死に至る臓器不全をおこすのです。根本的な治療はありません。ワクチンもありません。埼玉県内ではまだ報告がありませんが、マダニは県内どこにでも存在しています。ひたすら対症療法および輸血を行うものの、救命率は7割ほどです。マダニは吸血すると3mmほどの体長が10倍近くになり、見た目にもはっきりします。マダニの唾液には麻酔作用があり痛みはありません。そのマダニをむしりとることは避けねばなりません。皮膚科を受診し、丁寧に切除する必要があります。
 マダニも蚊も刺されない工夫が必要です。森林などへでかけるときは体をなるべく衣服で覆い、虫取りスプレーなども必需品です。それでも熱が出た場合は医療機関受診が必要でしょう。

(文責 院長・若杉 直俊)

出生前診断

【出生前診断】

 2012年夏 新聞で初めて報道されて以来議論され続けているのが、出生前遺伝学的検査です。これは、まだ胎児の段階で 生まれてくる子供に遺伝的な異常がないか調べる検査です。胎児の異常を調べる方法としては、以前から超音波やMRIなどで胎児の形態を調べる方法、羊水や絨毛(胎盤の一部)を採取して調べる方法、母親の血液から異常マーカーを調べる方法などがありましたが、母体に負担を与えたり確実性が乏しかったり 一長一短でした。そこで近年開発されたのが、母体の血液中にある胎児由来の遺伝子の切れ端を調べる検査であり、すでに実用化されています。
 妊婦さんの血液には、自身のものと同時に胎児由来の遺伝子の切れ端があることが知られています。胎児が21-トリソミー(ダウン症候群)の場合、通常の胎児にくらべ、21番目の遺伝子由来の切れ端の比率が増加して、このことより胎児に遺伝子異常があることが推察され、異常と診断されるのです。検査の感度(異常を見つける割合)特異度(正常を異常と誤らない割合)ともに99%とされています。トリソミーは他にも18- 13-とあり、これらの診断に貢献しています。ただし、診断がついた場合の妊婦さんならびに家族への対応には、細心の注意が必要です。十分にカウンセリングを行い、出産の決定権はあくまで親にあること、そしてその負担感を少しでも軽減する必要があります。さらに21-トリソミーなどをもつお子さんに対する社会の偏見を解き、それらのお子さんを暖かく社会全体でささえる環境を作らねばなりません。先進国フランスの2009年のテータでは、トリソミー陽性の96%が妊娠中断を選択し、このことを軽々には評価出来ませんが 一部の人たちの憂慮の種となっていると聞いています。
 医学の進歩に人間の倫理観が追いつけない一例とでもいえるのでしょうか。我々も当事者になったつもりでこの問題を考えていきたいと思います。
(文責 院長・若杉 直俊)