医学の話題医学の話題

若杉院長が医学の最新の話題を取り上げて書きます。なお、記事に関するご質問、お問い合わせにはお答えしていません。

記事一覧

帯状疱疹とワクチン

 2016年7月の記事でこの問題を報告しました。我が国の人口高齢化により、帯状疱疹はますます増加しています。宮崎県皮膚科医会(46施設が参加)の調査によると、1997年に3.61/1000人・年の数字が2017年には6.07/1000人・年と、20年間で68%も増加しています。
帯状疱疹の治療は、発症早期に診断し抗ウィルス薬を用いること。しかし治療が遅れると、頑固な神経痛を後遺症(PHN)として残すのです。予防にはワクチンが有効です。現在日本で摂取可能なのは「ビケン」から発売されている水痘ワクチンです。愛知医大皮膚科の渡辺教授は50歳以降でワクチンを接種すると、リスクを減らすことができると提言しています。さらに2018.3グラクソ・スミスクライン社は、「シングリックス」ワクチンの製造承認を発表しました。これは生ワクチンと異なり、水痘ウィルスの糖蛋白にアジュバント(免疫反応を増強させる物質)を結合したものです。いささか副作用もあるようなので臨床利用はまだ先のようですが、2回の筋注で帯状疱疹発症を91%減らした(N Engl J Med:2015 372:2087-2096)との報告が有り、おおいに期待されるワクチンです。
あわせて渡辺教授は、帯状疱疹を発症した場合はご本人も含めて初めに診察した皮膚科以外の医師が早期に診断し、抗ウィルス剤投与する重要性を述べています。また最近は1日1回投与のアメナメビル(薬品名アメナリーフ)も登場し、従来の薬よりも使いやすい薬剤も使用可能です。高齢者のひりひりするような発疹は、すぐに医療機関を受診しましょう。そして発症予防もぜひ考慮下さい。 
(文責 若杉直俊) 

がんゲノム医療中核拠点病院とこれからのがん医療

 抗がん剤キムリアの光と影の話を前回しました。しかしがんの克服は人類の長年の夢です。国立がんセンター研究所・間野博行所長が座長を務める「がんゲノム医療推進コンソーシアム懇談会」は昨年、遺伝子パネル検査(がん細胞の遺伝子異常を調べる)を行う事で、一人一人に適合したがん医療が提供できる可能性を提言しました。そしてその検査が、今年度から医療保険の対象となります。
その検査が実施できる病院は全国で11カ所、北大 東北大 東大 国立がんセンター中央病院・東病院 慶應大 名大 京大 阪大 岡大 九大 と定められました。そしてゲノム医療中核拠点病院は近隣のがん拠点病院等と連携しながら、すべての国民がこの医療の恩恵を受けることが出来る体制となっています。しかしこの検査が行われるには1回 数十万円かかります。定まった医療費の中でこの検査が医療費を上昇させると、軽い風邪などは保険診療から外されるのではないかと懸念されています。
そうはいっても、この技術による恩恵ははかりしれません。すべて政治家任せにするのではなく、国民一人一人が医療財政と医療新技術に対して目を向けていただきたいと思います。 
(文責 若杉直俊) 

脳梗塞治療最前線

  前々回、心房細動と心源性脳梗塞についてお話ししました。脳梗塞の原因として、心房細動以上に重要なのが動脈硬化であり、その予防は生活習慣改善であることは言うまでもありません。しかし不幸にして発症した場合、いかに後遺症なく救命するかが問題です。
 兵庫医大脳外科・吉村先生は、第44回日本脳卒中学会(2019.3)において、早期に行われるべき血管内治療の重要性を強調するものの、その地域格差と適応拡大が問題であると述べています。脳卒中治療に携わる医師らで作る血管内治療研究会が行った全国調査では、血管内治療が2016年・7702件から2017年10360件と34.5%増加、人口十万人あたりでは2016年 6.06件から2017年 9.57件と着実に増加しています。そもそも血管内治療とは何でしょうか。脳血管が詰まって起きた脳梗塞を、かつては点滴で血栓溶解し治療していました。しかし現在は発症後6時間以内ならば、太い血管閉塞(主幹動脈閉塞症)にはカテーテルを用いて血栓をつまみ出したり、血管を膨らませるステントを用いて血管の再開通をはかる治療が行われます。この発症後6時間が16時間へ延長されるべきであることも吉村氏が強調しています。もちろん高度の技術が必要です。
さいたま市にはこの高度医療が行える医療機関が連携して、365日脳梗塞の血管内治療が行われる体制ができています。しかし、埼玉県全域ではまだこのシステムが構築されていません。日本全国何処でも、脳梗塞を発症しても最先端の治療ができることを願っています。(文責 若杉直俊) 

白血病新薬キムリアとCAR-T療法

 2019年5月15日、白血病治療薬キムリアの保険適応が決まりその金額が約3300万円と決定されたことが報道されました。聞き慣れないCAR-T療法とはどのようなものでしょうか。
 ヒトの血液中には、細菌やウィルスそして癌細胞などを退治する免疫機能に関与する白血球が複数種類存在します。そのうちキラーT細胞は、ヘルパーT細胞から受け継いだ情報に沿って特殊な抗原を持った細胞を殺します。白血病のひとつB細胞リンパ腫は、表面にCD19という抗原をもっています。しかし通常の状態では、CD19をやっつけるキラーT細胞の増殖がわずかであり、発病とともに白血病はどんどん悪化します。そこで人工的にCD19を認識するT細胞を大量生産し体内に戻して治療するのが、このCAR-T療法でその薬剤名がキムリアです。
 それにしてもその薬価の高価なこと。アメリカでは、5000万円ほどだそうです。しかし、アメリカではキムリア投与で治った患者さんからのみ金額を頂き、無効例では支払われないようです。ノーベル賞のオプジーボも導入時高額な薬価がつけられましたが、現在薬価は3分の1近くさげられています。画期的な新薬が発売された場合、その治療で健康寿命が何年伸びたかで薬価を決める方法があります。癌ならば完全治癒するとして、従来の治療費がゼロになるならば、その金額相当が薬価に反映されても当然でしょう。あるいはアメリカにおけるキムリアのように、無効例には製薬会社に代金を払わないことで高額薬価を認める手もあります。日本ではまだこの方式は用いられていませんが、製薬会社の新薬研究への正当な対価と増え続ける医療費の抑制のはざまに、多くの知恵が必要なのは言うまでもありません。
(文責 若杉直俊) 

ウェアラブル端末で早期診断

  スマホの普及は著しく、電車に乗って周囲を見わたせば誰もが頭を傾けてスマホに夢中です。歩きスマホも社会的問題となっています。しかしスマホの利便性は実に大きく、しかも医学的にも用いられようとしています。
 アップル社製のスマートウオッチには、不整脈を感知する機能がありこれが心房細動(以下AFと略称)早期発見につながることをスタンフォード大学が実証しました。2017年11月から約8ヶ月、41万人を対象にした実験で2,161人に不整脈が遠隔受診されました。このうち945人がビデオ機能を用いて不整脈と確認され、ECGパッチ(日本では使用されていない、簡易心電図のようなもの)が658人に配布され、正確に記録された450人が対象として調査されました。不整脈の2,161人中65歳以上が35%、男女比は3:1でした。ECGパッチ解析では34%がAFと診断されました。
ところでAFとはどんな病気でしょうか。本来心臓は洞房結節に信号発生装置があり、信号が心臓全体に伝播して規則的な脈をうちますが、AFは信号の伝わりがうまくいかず心房と心室がバラバラな動きをする病気です。困ったことに心室のなかに血栓ができるとそれが脳に飛び、心源性脳梗塞を起こすことがあります。あの長嶋茂雄氏や西城秀樹氏がかかった病気です。治療は血栓予防薬を内服することで脳梗塞を予防しますが、カテーテルを挿入して不整脈のもとを断つアブレーションという治療もあります。
 2,161人中確実に不整脈ありとされた1,376人中28%に薬物療法が施行されたそうです。AFは生活習慣病検診で聴診上不整脈ありとされた方が、心電図検査をうけて発見されることが多い病気です。みなさんもぜひ気をつけていただきたい病気です。
(文責 若杉直俊) 

ページ移動