医学の話題医学の話題

若杉院長が医学の最新の話題を取り上げて書きます。なお、記事に関するご質問、お問い合わせにはお答えしていません。

記事一覧

川崎病

 1967年 川崎富作先生が報告した、急性熱性皮膚リンパ節症候群を現在は川崎病と呼び、世界的に認められた日本人の名前を冠した疾患の一つです。日本人に多く発症することが知られていますが、2015-16年での発症数が過去最高であることが報告されています(自治医大公衆衛生教室 中村教授)。
 その数は2015年1年間で16,323名(男児9,385名女児6938名)であり2016年は15,272名(男9,675名女6,597)でした。子どもの数は減少しているのに、報告患者数は2000年の患者数約8,000名の2倍近くになっています。
 患者年齢の分布では、3歳未満が全体の64.1%(男児65.1%女児67.2%)で生後9-11ヶ月にピークがみられます。合併症は心臓に関するものがほとんどで、2015年は全体の2.3%にみられましたが、20年前の1998年の数字7.0%からみて3分の1に減っています。
 生後1歳前後は、突発疹をはじめ発熱性疾患に罹患しやすい時期です。川崎病の症状は5日以上長引く発熱・リンパ腺の腫脹・皮膚の発疹・結膜の充血・イチゴ舌・手足の硬性浮腫等であり、明らかに感冒などの症状とは異なります。もしこのような症状でお困りの時は、医療機関受診をおすすめします。
(文責 院長 若杉直俊)

人口義肢とBMI

 NHKの番組プロフェッショナルでも取り上げられていましたが、四肢欠損の障がい者に筋肉からの微弱な電気を用いて人工の把握運動を制御する義肢が、ただ整容のために装着される義肢に変わって開発されています。兵庫県立リハビリ病院の陳隆明博士は、この方面のパイオニアです。
 一方脳梗塞などで四肢麻痺が起こった場合は、どのように対応するか。多くは地道なリハビリで動かない四肢を訓練するのが王道でしょう。最近は、下肢のリハにはHAL(Hybrid-assistive Lib)といって、筋電図を機械に伝えてリハを助ける機械が導入されて効果をあげています。ところが上肢ではうまくいきません。近年、脳波をコンピューターで読み取り、その刺激を上肢に副えたロボット義肢に伝え、その介助によって機能回復をはかる手段が開発され、近いうちに実用化されることが予想されています。このシステムをBMI(ブレイン・マシン・インターフェース)と呼びます。
 慶應大学病院リハビリ科の里宇教授を中心としたグループが、HANDS(Hybrid-assistive Neuromuscular Dynamic Stimulation)と命名した治療法で、200名以上の方々に試行して良い結果を得ています。その方法は、脳梗塞患者に手指曲げ伸ばしのイメージをしてもらい、その際記録される脳波をもとに上肢に副えたロボット義手に情報を伝え動作させます。そのことで、脳の運動領野の電気的信号が脊髄を経て直接手の筋肉につながる経路が再開通し、結果的にリハビリが促進されるというのです。
 脳波を直接筋肉や神経経路に伝える試みは以前からなされ、東北大学・半田名誉教授によるFES(機能的電気刺激)の研究は有名ですが、あまり臨床的には成功しませんでした。里宇教授はそれとは別な考えで行うリハビリであり、今後の展開が期待されます。
(文責 院長 若杉直俊)

ノーベル医学賞2017

 今年度のノーベル医学生理学賞は、体内時計の研究者であるジェフリー・ホール博士 マイケル・ロスパッシュ博士 マイケル・ヤング博士の3氏に贈られました。昼行性の動物なら朝起きて夜眠る、夜行性はその逆の行動する、その機序をショウジョウバエを用いて1984年にその遺伝子を発見した功績に対して送られたものです。
 日本でも、東大医学部上田泰己教授を中心に理化学研究所のグループがその方面の研究をリードしていましたが、ノーベル賞は同一テーマでの授賞はないので上田教授も別な方面でゆくゆくはノーベル賞候補になると思われます。
 ショウジョウバエにおいては、活動停止状態(人間で言えば夜)で蓄積されるタンパクが、活動状態(昼)に分解され、それが少なくなるとまた活動を休止するリズムがあることを解明したのです。哺乳類にも同様な遺伝子があることが知られています。しかもこの遺伝子は神経系だけでなく、体のさまざまな細胞に存在することが知られています。
 そしてその働きが乱れると、睡眠障害はもちろんガンや内分泌疾患、代謝疾患にもつながることが予測されています。基礎的な研究でも、これからの人類の疾病克服につながることに対しての授賞でした。(文責 院長 若杉直俊)

線維筋痛症とは

 アメリカの歌姫レディーガガが現在活動中止中であることはご存じでしょう。9月12日の報道で、その病名が線維筋痛症であることが発表されています。それでは線維筋痛症とはどのような病気でしょうか。
1990年 米国リウマチ学会にて疾病概念が定義されましたが、それまでは患者数が数百万人と多いのに診断が困難で放置されてきた疾患です。全身の痛み しびれが特徴で、特に頚部周囲や腰、上下肢の関節部を痛がります。日本でも10数年前から臨床医家にも知れ渡るようになりました。
慢性の痛みとしては関節リウマチが有名ですが、この病気は検査をしてもリウマチに見られる様な検査異常は出ず、レントゲン検査でも問題ありません。原因もまだ不明で、ウィルス感染や手術後の痛みの延長、またけがなども遠因になることがあります。関節リウマチと同様、男女比から見ると女性が5倍以上罹患します。子宮頚癌ワクチンが現在日本では中止されていますが、ワクチン後にこの疾病の症状を呈している方も多いと言われています。
治療としては、鎮痛剤を中心に薬物療法が行われます。プレガバリン(薬品名リリカ)やデュロセチン(サインバルタ)などがよく用いられますが、ほかにもロキソプロフェンのような鎮痛剤、また精神安定剤も併用することがあります。リウマチ専門医による的確な診断のもとに治療計画をたてる必要があります。
まだこの疾患が知れ渡る前は、検査等に異常が出ないためになまけ病とかうつ病とか誤って診断されたこともありますが、正しく認識され適切な治療が必要な疾病です。
(文責 院長 若杉直俊)

日本の県別平均寿命

 東京大学国際保健政策学教室の野村博士らは、2015年における日本の県別平均寿命を計算し、その結果をLancet 2017.7.19 オンライン版 で公表しています。
それによると、日本全体の平均は83.2歳であり第1位は滋賀県(84.7歳)で、以下長野県・福井県(84.2歳)奈良県(84.1歳)と続き、埼玉県は38位(82.8歳)で46位沖縄県(81.9歳)最下位青森県(81.6歳)でした。かつての長寿県沖縄も現在は下から数えて2番目でした。常に上位をしめる長野県は今回も第2位で、これは佐久病院の若月先生が農村の公衆衛生、特に減塩運動に力を入れたおかげと言われています。
野村博士は各県の25年前の寿命と比較して、その伸びに注目しました。その結果大きく伸びたのが佐賀県(83.3歳 2015年の22位)で4.2歳の延伸、最低は沖縄県で3.2歳と報告しています。一方健康寿命(他人の介助なしで生活できる状態)は、日本全体で70.4歳から73.9歳と25年で3.5歳延伸した事を報告しています。
死因の調査では、やはり3大疾病①脳血管疾患②虚血性心疾患③下気道感染症が上位でこの10年間変わらず、ただし10年前10位以下であったアルツハイマー型認知症および他の認知症関連死亡が10位以内にはいってきている事も報告しています。この25年間での寿命の伸びが、国民の健康志向とそれをサポートする日本の医療システムによることは確かですが、地域間の差がどこからくるのかさらに解析が必要と述べています。(文責 院長 若杉直俊)